山上徹也の手紙|米本和広氏のブログへの投稿とは?

  • URLをコピーしました!

安倍晋三元総理銃撃事件で逮捕された山上徹也容疑者。

山上容疑者は銃撃事件の前に、犯行に至った心情を綴った手紙をある人物に郵送していた事が判明しました。

手紙が届いたのはジャーナリスト・ルポライターの米本和広氏です。彼は旧統一教会の存在を批判するブログを運営しており、山上容疑者はそこに書き込みをしていることもわかりました。一体どんな内容だったのでしょうか?

目次

山上徹也の手紙

山上徹也の手紙

ご無沙汰しております。
「まだ足りない」として貴殿のブログに書き込んでどれくらい経つでしょうか。
私は「喉から手が出るほど銃が欲しい」と書きましたが
あの時からこれまで、銃の入手に費やして参りました。
その様はまるで生活の全てを偽救世主のために投げ打つ統一教会員、
方向は真逆でも、よく似たものでもありました。

私と統一教会の因縁は30年前に遡ります。
母の入信から億を超える金銭の浪費、家庭崩壊、破産…
この経過と共に私の10代は過ぎ去りました。
その闇の経験は私の一生を歪ませ続けたと言っても過言ではありません。

個人が自分の人格と人生を作っていくその過程、
私にとっては、
親が子を、家族を、何とも思わない故にはける嘘
止める術のない革新に満ちた悪行、
ゆえに終わる事のない衝突、その先にある破壊。
世界中の金と女は本来全て自分のものだと疑わず、
その現実化に手段も結果も問わない自称現人神。

私はそのような人間、それを現実に神と崇める集団、それが存在する社会、
それらを「人類の恥」と書きましたが、今もそれは変わりません。

苦々しくは思っていましたが、安倍は本来の敵ではないのです。
あくまで現実世界の最も影響力のある統一教会シンパの一人に過ぎません。

文一族を皆殺しにしたくとも、私にはそれが不可能な事は分かっています。
分裂には一挙に叩くのが難しいという側面もあるのです。

現実に可能な範囲として、韓鶴子本人、
無理なら文の血族の一人には死んでもらうつもりでいましたが
鶴子やその娘が死ねば、三男や七男が喜ぶのか
あるいは統一教会が再び結集するのか
どちらにしても私の目的には沿わないのです。

阿部の死がもたらす政治的意味、結果、
最早それを考える余裕は私にはありません。

山上徹也の手紙

山上徹也の旧統一教会批判ブログへの書き込み

米本和弘氏のブログ

名前:あと10年をポジティブに生きる記録

これまで統一教会絡みの「火の粉は払え」と、個人的な介護のことを綴った「介護日記」を書いてきた。ここでは、テーマを広く、自由に論評したいと思う。

小生が生きるのはあと10年。3650日である、毎日を淀むことなく、前向きに生きていくつもりです。

このブログには次のような理由で住所が綴られてます。
「コメント欄に書くことがはばかられるような情報、意見、あるいはブログの内容に関する正式な抗議、記事訂正要求があれば、以下のところにお願いします」と。

そして島根県の住所と携帯電話が記されています。

山上徹也と思われるブログへの書き込み

山上徹也ブログ書き込み

2021年12月16日に米本氏のブログに書き込んだ内容です。

だが言っておく。
復習は己でやってこそ意味がある。
不思議な事に私も喉から手が出るほど銃が欲しいのだ。
何故だろうな?

米本氏のブログのコメント

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次